2020.9.25 21:26

ヤクルトが逆転勝ち! 青木、西浦、エスコバーがマルチ安打

ヤクルトが逆転勝ち! 青木、西浦、エスコバーがマルチ安打

試合後 ヒーローインタビューを終え、つば九郎とポーズを決めるヤクルト・西浦=神宮球場(撮影・長尾みなみ)

試合後 ヒーローインタビューを終え、つば九郎とポーズを決めるヤクルト・西浦=神宮球場(撮影・長尾みなみ)【拡大】

 (セ・リーグ、ヤクルト6-3阪神、16回戦、8勝8敗、25日、神宮)ヤクルトが逆転勝ち。2番手・梅野が2勝目を手にし、石山が12セーブ目。チームの連敗を「3」で止めた。

 先発・高梨が一回に1点を失うも、その裏に青木の16号ソロで同点。その後、2点をリードされたが、四回にエスコバーの中前2点適時打で3-3と再び試合を振り出しに戻した。

 阪神は六回無死二、三塁のチャンスで坂本がスクイズ失敗。後続も倒れ、好機を生かせなかった。直後の六回2死一、二塁でヤクルトは、西浦の左前適時打で勝ち越しに成功した。七回には無死一塁から代打・荒木に1号2ランが飛び出し、6-3とリードを広げた。

 新型コロナウイルスの影響で主力を欠くことになった阪神は逆境を跳ね返すことができず。3戦連続完封が期待されたエース・西勇も6回4失点で4敗目(7勝)を喫した。

試合結果へプロ野球日程へ

  • 1回、本塁打を放ち生還したヤクルト・青木はベンチ前でナインとタッチを交わす=神宮球場(撮影・長尾みなみ)
  • 6回、適時打を放つヤクルト・西浦=神宮球場(撮影・門井聡)
  • 4回、2点適時打を放つヤクルト・エスコバー=神宮球場(撮影・門井聡)