2020.9.24 07:30(1/2ページ)

【虎のソナタ】虎打線より気になる「伝説の人」キングカズがJ1最年長記録大幅更新

【虎のソナタ】

虎打線より気になる「伝説の人」キングカズがJ1最年長記録大幅更新

特集:
阪神タイガース連載
虎のソナタ
才木(左)にアドバイスする藤川。“球児魂”を最後まで注入していく(代表撮影)

才木(左)にアドバイスする藤川。“球児魂”を最後まで注入していく(代表撮影)【拡大】

 編集局の窓際に追いやられている「虎のソナタ」筆者の“たまり場”と、甲子園バックネット裏記者席にいるトラ番キャップ・大石豊佳の試合前の、のどか~な会話を暴露しよう。

 「点、取ってほしいなぁ」

 「そうですね、ぜひ点取ってもらって、あれ、見たいですよね」

 タイガース打線のことではない。前日22日まで本拠地・甲子園では8試合連続本塁打を放っている虎打線のことは、これっぽっちも心配していなかった。そこに、油断があったのかもしれない。

 気にしていたのはサッカーJリーグの川崎-横浜FC。スタメンに三浦カズの名前があったから。53歳6カ月28日でのスタメンは、J1の最年長記録を大幅に更新。なんて元気なキングだ。こうなると、サッカーも愛する記者たちは期待する。数々の伝統ある盆踊りと並んで日本の無形民俗文化財に指定されるという噂もある?カズダンスを。

 「あれは2011年。東日本大震災後の復興チャリティーマッチでの、ナマで見たカズダンスが、一生の思い出です」

 元サッカー担当の大石も“伝説の人”の話になるといつも以上に熱い。

 もちろん、野球で一発放った後のサンズのハッピーハンズも、ボーアのファイアボールも見たいんですよ。おなじみになっているパフォーマンスを。ただ、今宵ばかりは、キングカズが気になりながらの阪神戦…だったのは、正直な気持ちだった。

【続きを読む】