2020.9.23 11:47

筒香のレイズ、メッツに敗れ地区優勝M「1」のまま

筒香のレイズ、メッツに敗れ地区優勝M「1」のまま

特集:
筒香嘉智
メッツ戦の3回、左翼線に安打を放つレイズ・筒香=ニューヨーク(共同)

メッツ戦の3回、左翼線に安打を放つレイズ・筒香=ニューヨーク(共同)【拡大】

(米大リーグ、レイズ2-5メッツ、22日=日本時間23日、ニューヨーク)レイズの筒香嘉智外野手(28)が「1番・DH」で出場し4打数1安打だった。内容は邪飛、左前打、三ゴロ、見逃し三振。ア・リーグ東地区の優勝へマジック「1」で迎えたが、チームは2-5で敗れ、同地区2位のヤンキースが、ブルージェイズに勝利したため、2010年以来、10年ぶり3度目の地区Vは23日(同24日)に持ち越しとなった。

 二回にアダメスの右中間への8号ソロで先制するも、その裏にカノが2018年のサイ・ヤング賞左腕、先発スネルから同点弾を放ち、四回にも逆転弾と3点を奪われた。七回に1点を返し、一時は1点差に詰め寄るも反撃及ばず敗れた。

 前日に続き「1番・DH」で出場となった筒香は、三回の2打席目で左前打を放つも得点にはつながらなかった。キャッシュ監督「オフェンス面でリズムに乗ることができなかった」と5安打の打線を振り返った。

 チームは23日(同24日)にメッツ3連戦の最終戦で勝利するか、2位のヤンキースが負ければ、2010年以来、10年ぶりの地区優勝が決まる。

試合結果へ筒香の成績へ