2020.9.23 16:24

DeNA・ラミレス監督、不調の山崎の起用は「僅差や勝っているときに」

DeNA・ラミレス監督、不調の山崎の起用は「僅差や勝っているときに」

DeNA・ラミレス監督

DeNA・ラミレス監督【拡大】

 (セ・リーグ、阪神-DeNA、18回戦、23日、甲子園) DeNAのアレックス・ラミレス監督(45)が試合前にオンラインで取材対応。不振が長引いている山崎康晃投手(27)の起用法について言及した。

 「昨日は僕が見た中でもかなりベストの投球。現状では昨日のように勝っているときや、僅差で負けているときに相手の流れを止めてもらうような形で考えている」とイニングにこだわらず、競っている場面で起用する方針を語った。

 22日の同戦では、3-2の六回、2番手で登板。1死から3連打を浴びて同点に追いつかれ、先発のD2位・坂本(立命大)の3勝目が消えた。

 それでも、直球11球すべて150キロ超で、最速は153キロを計測した投球に「ここ何試合か負けているところで投げて、145キロくらいしか出ていなかった。そういったフィーリングは大事。彼はこういった状況の方が力が発揮できる。スピードも出て、メンタル的にもよくなった。われわれの見たかった、今まで見ていたヤス」と評価していた。