2020.9.21 05:02

阪神・藤浪、再昇格アピール7回14K1失点!「いろんな球種を使えた」27日ヤクルト戦先発も

阪神・藤浪、再昇格アピール7回14K1失点!「いろんな球種を使えた」27日ヤクルト戦先発も

特集:
藤浪晋太郎
7回14奪三振! 藤浪が2軍で“格の違い”を見せた

7回14奪三振! 藤浪が2軍で“格の違い”を見せた【拡大】

 (ウエスタン、阪神2-1中日、20日、鳴尾浜)阪神・藤浪晋太郎投手(26)が20日、ウエスタン・中日戦(鳴尾浜)に先発。14日に出場選手登録を抹消されてから初のマウンドで7回を5安打1失点、3四球で14奪三振と好投し、再昇格へアピールした。試合は2-1で勝利した。

 秋風の吹く鳴尾浜で、圧巻の奪三振ショーだ。藤浪が7回を投げて毎回の14奪三振。再昇格へアピールした。

 「いろんな球種を使えた。緩急もつけながらしっかり投げ切れたので。課題としているところでもあるし、よかった」

 一回、先頭の渡辺を空振り三振に斬ると、そこから5者連続奪三振。その後も最速155キロの直球にカットボール、スライダー、フォークといった変化球も織り交ぜて中日打線を手玉に取った。

 七回2死二塁から石岡に適時三塁打を浴びたが、失点はこの1点のみ。「抜けて相手が見逃してくれたとか、抜けて相手が空振りしてくれたとか意図しない三振が多かった」と課題も口にしたが、見守った平田2軍監督は「格の違いを見せてくれた。きょうの投球をしたら、1軍でも十分どころか十二分(に通用する)」と絶賛した。

 この日1軍では中田が2回3失点でKOされ、2軍降格が濃厚。2軍で結果を残している斎藤と並んで、藤浪が27日のヤクルト戦(神宮)での先発候補となりそうだ。

 「いいところは継続しつつ、修正するところはしっかり修正して」と意気込んだ右腕。1軍では1勝5敗、防御率5・87と苦しんだが、降格後初登板で圧巻の投球。最終盤に突入するチームの戦力となるべく、再びはい上がる。(菊地峻太朗)