2020.9.20 07:30

【上田二朗 サブマリン斬り】四回阿部に痛恨被弾…阪神・秋山インコース勝負に疑問

【上田二朗 サブマリン斬り】

四回阿部に痛恨被弾…阪神・秋山インコース勝負に疑問

特集:
阪神タイガース連載
上田二朗 サブマリン斬り
四回、中日・阿部に3点本塁打を浴びた阪神・秋山=ナゴヤドーム(撮影・水島啓輔)

四回、中日・阿部に3点本塁打を浴びた阪神・秋山=ナゴヤドーム(撮影・水島啓輔)【拡大】

 (セ・リーグ、中日4-1阪神、14回戦、阪神9勝5敗、19日、ナゴヤD)秋山が阿部に3ランを浴びた四回2死二、三塁の場面。あそこでのインコース勝負は、3つの点で疑問が残った。

 まずは、阿部が二回の打席で外の変化球にまったくタイミングが合っていなかったことだ。あまり反応できず、しっかりしたスイングができずに3球三振を喫していた。

 ただでさえ長打を警戒しなくてはいけない局面だったこともある。インコースを続けたが、アウトコースを中心に攻めて「仮にヒットを打たれて1点を取られても仕方がない」という考え方を持っておくべきだった。

 直前の悪送球で秋山の「投手心理」に変化が生まれることも、欠かせないポイントだ。自身の責任で生まれたピンチを、投手はどうしても力で封じ込めようとする。「早く打ち取りたい」という一心で首を振ることもできず、投げるボールには力が入る。一緒に勝負にのめり込んでしまうのではなく、あそこは捕手の坂本に「ゆっくりとバッターと対峙(たいじ)していこう」という配慮がほしかったと思う。

 一、二回の攻撃で得点を挙げていれば、試合展開もがらりと変わっていたはずで、2失策の秋山だけを責めることもできない。攻撃面とバッテリーで、負けるべくして負けたというゲームになってしまった。 (本紙専属評論家)

試合結果へプロ野球日程へ