2020.9.20 11:24

10月6、7日の中日-ヤクルトは入場者上限1万7100人 一般販売も再開

10月6、7日の中日-ヤクルトは入場者上限1万7100人 一般販売も再開

 中日は20日、10月6、7日のヤクルト戦(ナゴヤドーム)の入場者上限を1万7100人に引き上げて開催することを発表した。

 9月22日正午からシーズンシートオーナー、24日午前11時から公式ファンクラブ有料会員を対象に先行販売。26日正午からは登録無料のベーシック会員を対象とした販売が行われるほか、28日午前10時からは取り扱いを休止していたコンビニ、プレイガイドでの一般販売も再開される。

 また、今季にリニューアルされた4階の「docomo 5G プライム・ツイン席」をはじめとしたペア・ボックスシートの一部を、家族向けとして販売開始する。

 さらに6日は「昇竜2020」として開催され、来場者全員に昇竜レプリカユニホームがプレゼントされる。