2020.9.20 17:43

【6度目零敗一問一答】DeNA・ラミレス監督「予想よりもかなりいい投球をされた」

【6度目零敗一問一答】

DeNA・ラミレス監督「予想よりもかなりいい投球をされた」

試合に敗れ、表情が冴えないDeNA・ラミレス監督(中央)=横浜スタジアム(撮影・中井誠)

試合に敗れ、表情が冴えないDeNA・ラミレス監督(中央)=横浜スタジアム(撮影・中井誠)【拡大】

 (セ・リーグ、DeNA0-5巨人、15回戦、DeNA5勝10敗、20日、横浜)DeNAは今季6度目の零封負けを喫し、連勝が止まった。首位・巨人に対し昨年8月以来の同一カード3連戦3連勝を狙ったが失敗。再び11ゲーム差に広がった。以下、ラミレス監督の主な一問一答。

 --畠を打ちあぐねた

 「予想よりもかなりいい投球をされた。直球もカットもフォークも精度がよかった」

 --相手の好守備もあった

 「そういうことが起きるのも野球。初回で巨人に流れがいってしまい、それ以降、こちらがいい当たりを打っても正面に。やはり野球は流れのスポーツ」

 --大貫の投球

 「全然悪くなかった。初回はスピードがなく探り探り投げていたが、二回以降はスピードも上がった。丸に対しては高くなって本塁打を打たれたが、それ以外全く悪くない投球だった」

 --この日も、1万5000人の観衆

 「それだけのファンの方に来ていただき、見ていただけることをうれしく思う。われわれもベストを尽くして勝ちを目指していきたい」

 --明日からビジターゲーム

 「明日から阪神戦。こちらも簡単な試合にはならない。もう一度ベストを尽くして、いい結果にしたい」

 --七回の失点は連係ミスか

 「ちょっと送球がそれて、柴田が捕球をし損ねて点が入ってしまった」

試合結果へプロ野球日程へ