2020.9.19 19:35

ヤクルト坂口、森下撃ち逆転9号2ラン 「後ろにつなぐ気持ちで」

ヤクルト坂口、森下撃ち逆転9号2ラン 「後ろにつなぐ気持ちで」

2回 2点本塁打を放つヤクルト・坂口=神宮球場(撮影・長尾みなみ)

2回 2点本塁打を放つヤクルト・坂口=神宮球場(撮影・長尾みなみ)【拡大】

 (セ・リーグ、ヤクルト-広島、13回戦、19日、神宮)

 ヤクルト・坂口智隆外野手(36)が19日、「6番・中堅」で先発し、0-1の二回1死一塁から逆転の9号2ランを放った。

 「後ろにつなぐ気持ちで初球から積極的に打ちにいきました。いい結果になってよかったです」

 広島先発のD1位・森下(明大)が投じた低めの148キロ直球をすくい上げ、ヤクルトファンで埋まる右翼スタンドまで運んだ。シーズンの本塁打は2009年の5本が自己最多だったが、今季はキャリアハイを大きく更新している。

 この日から神宮球場は観衆の上限を約1万4500人に増員。坂口がダイヤモンドを一周すると、一塁側スタンドから右翼席にかけて一斉に傘が揺れた。

試合結果へプロ野球日程へ