2020.9.19 21:42

西武・ノリン、制球乱れ2敗目 今季ワースト5四球「反省点だと思う」

西武・ノリン、制球乱れ2敗目 今季ワースト5四球「反省点だと思う」

先発の西武・ノリン=京セラドーム大阪(撮影・薩摩嘉克)

先発の西武・ノリン=京セラドーム大阪(撮影・薩摩嘉克)【拡大】

 (パ・リーグ、オリックス6-3西武、17回戦、オリックス9勝7敗1分、19日、京セラ)西武のノリンは今季ワースト5四球と制球に苦しみ、六回途中4失点で2敗目を喫した。一回に簡単に先制されても立て直したが、1-1の六回は先頭福田に四球を与えて二盗を決められ、次打者にも四球。犠打と吉田正への申告敬遠で満塁として降板。代わった宮川が痛打された。

 ノリンは「四球が失点につながることは野球の中で多い。反省点だと思う」と悔やんだ。3盗塁と揺さぶられ、走者を置いた場面での投球に課題を残したが「クイック(投法)よりも、自分の投球をしっかりすることが先発投手の一番の責任」と話した。

試合結果へプロ野球日程へ