2020.9.18 05:03(1/2ページ)

阪神・近本、初プレーボール弾&ダメ押し弾!対策バッチリ3戦4発

阪神・近本、初プレーボール弾&ダメ押し弾!対策バッチリ3戦4発

特集:
近本光司
一回、近本がサンチェスの初球を一閃! 今季3本目の先頭打者アーチを放った(撮影・水島啓輔)

一回、近本がサンチェスの初球を一閃! 今季3本目の先頭打者アーチを放った(撮影・水島啓輔)【拡大】

 (セ・リーグ、巨人0-11阪神、16回戦、巨人12勝4敗、17日、東京D)試合開始から数秒で、乾いた打球音が敵地に残る屈辱の余韻を一掃した。ようやく爆発した虎の意地。近本が1球で火をつけた。

 「コンパクトにスイングすることを強く意識して打席に入りました。結果的に本塁打になって、先制することができてよかったです」

 一回先頭の初球、サンチェスの150キロを右翼席にたたき込んだ。6号ソロは、6月21日の右腕との初対戦を再現する先頭打者本塁打。通算4本目で、初球のプレーボール弾は初めてだ。東京ドームで8連敗を喫した前夜は終盤に6点を返したが、反攻のバトンを最初の打者がつないだ。

 さらに5-0の六回先頭で、7号ソロを右中間へ。驚いたように目を丸くすると、照れくさそうにベンチに帰った。2番手・桜井が登板した直後に、またも立ち上がりを砕いて攻撃が加速した。まさに切り込み役。19試合ぶりの2桁得点の起爆剤になった。

 「追加点が取れていなかったし、投手が代わったタイミングなので、塁に出ることを意識していました」

【続きを読む】

  • 六回には貴重な追加点となる7号ソロ
  • 阪神・近本のホームランカルテ