2020.9.18 05:01

阪神・梅野、右脇腹の張りで途中交代し病院へ…矢野監督「やめた方がいいという判断」

阪神・梅野、右脇腹の張りで途中交代し病院へ…矢野監督「やめた方がいいという判断」

特集:
梅野隆太郎
二回の守りから交代し、ベンチ裏へ退く梅野

二回の守りから交代し、ベンチ裏へ退く梅野【拡大】

 (セ・リーグ、巨人0-11阪神、16回戦、巨人12勝4敗、17日、東京D)阪神・梅野隆太郎捕手(29)が17日、巨人16回戦(東京ドーム)に「2番・捕手」で先発出場したが、二回の守備から退いた。球団広報は右脇腹の張りを訴えたと説明。攻守のキーマンのアクシデントに矢野監督が複雑な表情を浮かべた。

 「試合にあのまま出させるのは、俺の中では、やめた方がいいという判断で代わった」

 1-0の一回無死で左越え二塁打。二回2死からは四球を選び、ともに得点につなげた。しかしサンズの中前適時打で二塁から本塁へ全力疾走した際に微妙な表情を浮かべており、直後に坂本と交代した。

 東京都内の病院を受診し、18日からの中日戦(ナゴヤドーム)出場は当日の様子を見て判断する。1軍捕手は坂本と2人しかおらず、3人目は不可欠。2軍で打率・361と結果を残している原口が有力候補だ。

試合結果へプロ野球日程へ