2020.9.18 21:33

打線爆発のヤクルトが3連勝!西田&山田哲&村上弾で今季最多14点

打線爆発のヤクルトが3連勝!西田&山田哲&村上弾で今季最多14点

特集:
山田哲人
7回、3点本塁打を放つヤクルト・村上=神宮球場(撮影・長尾みなみ)

7回、3点本塁打を放つヤクルト・村上=神宮球場(撮影・長尾みなみ)【拡大】

 (セ・リーグ、ヤクルト14-5広島、12回戦、5勝5敗2分、18日、神宮)ヤクルトが今季チーム最多得点の14点を挙げ、3連勝を飾った。

 ヤクルトは一回1死満塁で、西浦の中犠飛で先制。同点に追いつかれて迎えた二回には西田に4号2ランが出て3-1と突き放した。しかし、三回、先発のスアレスが広島・菊池涼に8号となる逆転3ランを浴びて3-4。

 ヤクルト打線が爆発したのは五回だった。1死一塁で山田哲が左翼席へ9号逆転2ラン。続く村上、西浦、坂口、エスコバーの連打でこの回計5点を奪って8-4とした。六回も打線がつながった。無死満塁で西浦の2点適時二塁打で10点目、続く坂口の犠飛で11点目を挙げた。七回には村上の豪快な14号3ランが出て、チーム今季最多得点となる計14点を挙げた。

 ヤクルト先発のスアレスは二回と三回に崩れたが、その後の3イニングは無失点に抑え、6回7安打4失点。打撃の援護もあり3勝目となった。

試合結果へプロ野球日程へ