2020.9.18 22:08

中日・与田監督、六回に逆転満弾を浴びた柳に「乗り切ってほしかった」

中日・与田監督、六回に逆転満弾を浴びた柳に「乗り切ってほしかった」

試合に敗れスタンドのファンに挨拶した中日・与田監督 =ナゴヤドーム(撮影・水島啓輔)

試合に敗れスタンドのファンに挨拶した中日・与田監督 =ナゴヤドーム(撮影・水島啓輔)【拡大】

 (セ・リーグ、中日4-8阪神、13回戦、中日4勝9敗、18日、ナゴヤドーム)

 中日は阪神に4-8で敗れ、連敗が「3」に伸びた。試合後の与田剛監督(54)の主な一問一答は下記の通り。

 

 --柳の投球を見て

 「五回まではそんなにばらつきはなかった。六回もちょっと先頭にうまく打たれて、四球があった。あの辺りはコントロールを乱しましたけど、それまではそんなに(悪くなかった)。1安打でしたので」

 --落ち込んだ姿は珍しいが

 「あの結果で落ち込んで当然。前回も六回を投げ切れなかったので、ベンチとしても右のエースとしての期待もあるわけだし、急に悪くなるようではいけない。乗り切ってほしいところなので。打たれたのは自分の責任なので、しっかりと受け止めていかないといけない」

 --早期降板が続いていただけに六回を投げ切ってほしかったか

 「球数としてもまだまだ十分だし、五回までの流れ(もある)。六回は多少ボールを乱したといっても、そこで簡単にコロコロと変えられるようでは(いけない)。将来、期待している選手なので、乗り切ってほしかった」

試合結果へプロ野球日程へ

  • 6回、阪神・大山に満塁本塁打を浴びた中日・柳=ナゴヤドーム(撮影・松永渉平)