2020.9.17 20:43

阪神・近本、先頭打者弾含む2発 六回の7号ソロ「塁に出ることを意識」

阪神・近本、先頭打者弾含む2発 六回の7号ソロ「塁に出ることを意識」

特集:
近本光司
6回、本塁打を放つ阪神・近本=東京ドーム(撮影・中井誠)

6回、本塁打を放つ阪神・近本=東京ドーム(撮影・中井誠)【拡大】

 (セ・リーグ、巨人-阪神、16回戦、17日、東京D)阪神の近本が初回先頭打者弾を含む2本塁打をマークした。一回、サンチェスが投じた初球の150キロの浮いた速球を引っ張り、右翼席へ運んだ。今季3本目、通算4発目の初回先頭打者本塁打に「コンパクトにスイングすることを強く意識して打席に入った」とうなずいた。

 5-0の六回には桜井の低めに沈む変化球をすくい上げ、右中間席へ7号ソロを運んだ。菅野からプロ2年目で初の2打席連続本塁打をマークした15日に続く、1試合2発。「(三回以降)追加点が取れていなかったし、投手が代わったタイミングだったので、塁に出ることを意識していた」とコメントした。

 開幕直後は不振にあえいだが、夏場から復調。月間打率が3割5分2厘だった8月に続き、9月も好調を維持している。

試合速報へプロ野球日程へ

  • 1回、本塁打を放った阪神・近本=東京ドーム(撮影・水島啓輔)