2020.9.17 05:03(1/2ページ)

ヤクルト・歳内が4年ぶりNPB1軍マウンド!粘投で連敗脱出導いた

ヤクルト・歳内が4年ぶりNPB1軍マウンド!粘投で連敗脱出導いた

歳内は新天地デビュー戦で力投。勝利に貢献した (撮影・長尾みなみ)

歳内は新天地デビュー戦で力投。勝利に貢献した (撮影・長尾みなみ)【拡大】

 (セ・リーグ、ヤクルト3-2DeNA、17回戦、DeNA9勝7敗1分、16日、神宮)ヤクルトは16日、DeNA17回戦(神宮)に3-2で勝ち、連敗を6で止めた。元阪神で四国アイランドリーグplus香川から6日に加入した歳内宏明投手(27)が、先発で4年ぶりにNPBの1軍戦登板を果たし、5回を8安打2失点の力投。勝利投手とはなれなかったが、スワローズの一員として新たなプロ野球人生を歩み始めた。

 コロナ禍で制限されても4982人。多くの観客の視線を浴びるNPBのマウンドで、歳内が躍動した。8安打されながらも5回を2失点。ヤクルトの連敗ストップに貢献した。

 「チームが勝てたことがよかったと思います。走者が出ても点を与えない、最少失点でいくことを心掛けていました」

 140キロ台中盤の直球やフォークボールを操り、四回まで無失点。何度も痛烈な打球を打たれたが、左翼・青木の好守などにも救われた。五回に2点を失ったものの、チーム打率リーグ1位(試合前時点で・273)のDeNAを相手に試合を作った。

 本格派右腕として2012年にドラフト2位で阪神に入団しながら、原因不明の右肩痛を発症して暗転。17年から3年間は1軍登板なく、昨季限りで戦力外通告を受けた。しかし台湾・味全と期間限定契約を結び、アジア・ウインターリーグで武者修行。今季は香川で5勝0敗、64イニングで防御率0・42と圧倒的な成績を残し、ヤクルトとの契約に至った。

【続きを読む】

  • 四回、好守を見せた山田哲人(右)とタッチを交わすヤクルト・歳内宏明=神宮球場(撮影・長尾みなみ)