2020.9.17 10:44

マー君、18日先発「投球術ではまだまだやれることがある」

マー君、18日先発「投球術ではまだまだやれることがある」

田中将大

田中将大【拡大】

 【ニューヨーク16日(日本時間17日)=竹濱江利子通信員】米大リーグ、ヤンキースの田中将大投手(31)は17日午後7時5分(日本時間18日午前8時5分)開始予定の本拠地でのブルージェイズ戦に今季3勝目を懸けて先発する。今季9試合目の登板で、ブルージェイズと対戦するのは初めて。

 前回登板では、これまであまり多投しなかったツーシームを軸に投球を組み立て勝ち投手になった。この日、オンラインで取材に応じた田中は、「今の方が間違いなく、いろんなボールをいろんな使い方できていると思う。だから自分のピッチングが窮屈にならない。いろんなオプションがあるから精神的な余裕にもつながっている」と好調を実感している様子だった。

 今季は7年契約の最終年となるが、メジャー移籍後から6年連続で2桁勝利を挙げ、通算77勝をマーク。米メディアでは「来季以降もヤンキースは田中を失う余裕はない」と評価している。「(これから)急に球が早くなることはもうないが、投球術の部分ではまだまだやれることがある」という右腕の今後に期待がかかる。