2020.9.17 16:33

“楽天のタッキー”ことドラフト6位・滝中が19日のソフトバンク戦で、先発でプロ初登板へ

“楽天のタッキー”ことドラフト6位・滝中が19日のソフトバンク戦で、先発でプロ初登板へ

 楽天のドラフト6位ルーキー、滝中瞭太投手(25)=ホンダ鈴鹿=が、19日のソフトバンク戦(ペイペイドーム)で、先発でプロ初登板することが濃厚となった。三木肇監督(43)は17日、「(土曜日は)いろんなプランがあって判断の途中」としながらも、「滝中も候補の1人」と明言した。

 社会人日本代表として活躍した最速153キロの本格派右腕は、ここまで2軍戦で9試合に登板し、2勝1敗、防御率1・72。三木監督は「ファームのスタッフからは『非常にゲームメークが上手』と聞いている。僕も映像で見ているが、自滅するタイプではないし、バッターと距離を保ちながら打ち取っていく。“社会人卒”なのでけん制、フィールディング、クイックなど、投手としていろんな面も兼ね備えている」と評した。

 滝中は新人合同自主トレ中に「楽天のタッキーと呼んで」で自らファンにアピールしていた。