2020.9.17 07:30

【エモやんの舌好調】巨人「原&阿部」ダブルの“にらみ”効いた

【エモやんの舌好調】

巨人「原&阿部」ダブルの“にらみ”効いた

試合前、原辰徳監督に挨拶する巨人・阿部慎之助ヘッドコーチ代行 =東京ドーム(撮影・福島範和)

試合前、原辰徳監督に挨拶する巨人・阿部慎之助ヘッドコーチ代行 =東京ドーム(撮影・福島範和)【拡大】

 (セ・リーグ、巨人7-6阪神、15回戦、巨人12勝3敗、16日、東京D)まさに阿部効果。ズラリ並んだ“チルドレン”から、必死さがビンビン伝わってきた。アイツが打つならオレも! これぞ競争意識の高さ。今季の巨人の大きな特長だ。

 ただでさえ、原監督は厳しい。ちょっとダメなら、すぐ落とされる。そこへもってきて、阿部2軍監督もベンチにいる。原と阿部、ダブルの“にらみ”が効いて、大型連勝で緩みがちな空気が、ピリリと締まる、最高のカンフル剤になったね。

 ……と、すんなり終わっていれば、そう評価するつもりだった。せっかくの一流試合が二流へと、ぶち壊しだ。1点差の辛勝は、投手起用の失敗が元凶だよ。

 先発の田口はもはや、7回以上は無理だと見限らないといかん。登板イニングは今季、6回がせいぜい。案の定、80球を超えたくらいでもう、下半身がふらつき、腕も振れなくなる。9回を投げ切ろうという強い気持ちなど、感じられないんだから。

 1試合を任せられるのは菅野だけ。他は、信頼しても信用しない-。先発陣に対しても、原監督特有の厳しさを、適用すべきだね。 (本紙専属評論家)

試合結果へプロ野球日程へ