2020.9.16 05:01

阪神・矢野監督、痛恨のバスターエンドラン失敗「勝負にいった結果」

阪神・矢野監督、痛恨のバスターエンドラン失敗「勝負にいった結果」

九回、戦況を見つめる阪神・矢野燿大監督 =東京ドーム(撮影・水島啓輔)

九回、戦況を見つめる阪神・矢野燿大監督 =東京ドーム(撮影・水島啓輔)【拡大】

 (セ・リーグ、巨人6-3阪神、14回戦、巨人11勝3敗、15日、東京D)七回無死一、二塁で痛恨のバスターエンドラン失敗。打者は梅野で、1ボールから2球目に仕掛けた。内角のボール球を空振り。二走・小幡が盗塁死に終わった。梅野は二ゴロ、糸原が遊ゴロで無得点。矢野監督は「勝負にいった結果。責任は俺自身が受け止めている。俺としては、いくべきところでいった。(選択は)悩んでない」と振り返った。投手の高梨が前の打者の近本に対し、ストライクを取るのに苦労していたところでの奇襲だった。

試合結果へプロ野球日程へ