2020.9.16 07:30

【デーブ解析料理】独走巨人が苦しむ戦いを!それが5球団の使命

【デーブ解析料理】

独走巨人が苦しむ戦いを!それが5球団の使命

デーブ大久保氏

デーブ大久保氏【拡大】

 なぜだろう。巨人は打線全員の調子が良いわけでもなければ、投手陣も菅野と戸郷以外、先発にもリリーフにも不安は残る。その菅野がこの日、前半から失点し、先行されること3度。それでも最後は、やっぱり勝っている。あまりにも早いマジック点灯。心を鬼にして、言わせてもらう。

 他の5チームは、恥ずかしくないのか? プロの意地は、ないのか?!

 セ・リーグには今季、クライマックスシリーズ(CS)がない。優勝できなければ、2位も6位も同じ。それは、わかりきっていたはずなのに、ここまでの独走を許す。いったい何をしていたのか。反論できまい。

 だから、せめて。5球団はこれから、巨人を「何をしてくるんだ?!」と驚かせるような戦いを、しないといけない。

 例えば、オールスター方式で、リードされていても、勝ち試合用の投手を、どんどんつぎ込む。さらに投手は、内角の厳しいところをビシビシ攻めて、打者に踏み込ませない。ケンカ腰で挑み、残りの対戦をすべて、取りにいくことだ。

 それが5チームの使命だと思うし、また、包囲網を打ち破って優勝するのが、巨人軍の使命。シビれるような激突を見たい。 (本紙専属評論家)

プロ野球日程へ