2020.9.16 21:56

DeNA・ラミレス監督「うまくマネジメントされた」 今季16度目の逆転負け

DeNA・ラミレス監督「うまくマネジメントされた」 今季16度目の逆転負け

5回、梶谷の中適時打で生還した上茶谷(右)とタッチを交わすDeNA・ラミレス監督=神宮球場(撮影・長尾みなみ)

5回、梶谷の中適時打で生還した上茶谷(右)とタッチを交わすDeNA・ラミレス監督=神宮球場(撮影・長尾みなみ)【拡大】

 (セ・リーグ、ヤクルト3-2DeNA、17回戦、DeNA9勝7敗1分け、16日、神宮)DeNAは今季16度目の逆転負けで、貯金は再び「1」に減った。先発の上茶谷が6回3安打1失点の好投を見せたが、七回に代わった救援陣が逆転を許した。

 以下、ラミレス監督の一問一答

 --上茶谷は6回1失点

 「すごくよかった。6回90球。ホームラン1本でしたので、力強い投球だった」

 --七回は先頭に村上を迎えての交代か

 「基本的にはそう。きょう2本ヒットを打っていて、ホームランもいいボールを投げて打たれていたので。村上を先頭に迎えたところで交代しようと。6回をしっかり投げてくれたので、非常にいいパフォーマンスだった」

 --打線はチャンスをつくりながら2得点

 「打つときもあれば打たないときもある。何とか1点をとトライしたが、とらえきれなかった」

 --歳内の投球は

 「よかった。チャンスはつくれたが、散発であと1本でなくて、うまくマネジメントされた」

試合結果へプロ野球日程へ