2020.9.15 23:20

広島・佐々岡監督「誠也が打って勢いがついた」

広島・佐々岡監督「誠也が打って勢いがついた」

グータッチする広島・佐々岡監督=マツダスタジアム(撮影・榎本雅弘)

グータッチする広島・佐々岡監督=マツダスタジアム(撮影・榎本雅弘)【拡大】

 (セ・リーグ、広島6-3中日、16回戦、広島8勝7敗1分、15日、マツダ)広島が中日に6-3で勝利し、連敗を3で止めた。佐々岡真司監督(53)の主な一問一答は下記の通り。

 --前の試合前で6試合連続完投中の中日・大野雄を4回4得点で攻略した

 「前回やられている。その中で先頭が良い形で出てつないで、誠也が打った中で、良い攻撃でしたね。誠也が打って勢いがついた」

 --先発の九里は6回3安打1失点で今季4勝目を挙げた

 「先頭を出しながら、そこは反省だが、粘り強く試合を作ってくれた。5回のあそこで点を取れていれば流れがこっちにきていたが、嫌な雰囲気の中、打たれてはいけない本塁打だったが、堂林が大きな2点。勝つことがチームにとっていい薬になる。一戦一戦で借金を返すことが目標だから、あしたもがんばります」

 --七回は中田、ケムナが登板した

 「七回は不安定。島内がああいう風な投球でね。七回はね…」

試合結果へプロ野球日程へ