2020.9.13 18:00(1/5ページ)

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】合格はサンズとスアレス、外国人選手の来季契約は残り50試合でアピールするしかない

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】

合格はサンズとスアレス、外国人選手の来季契約は残り50試合でアピールするしかない

特集:
阪神タイガース連載
「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記
ミスター・セプテンバー、阪神・サンズ

ミスター・セプテンバー、阪神・サンズ【拡大】

 サンズとスアレスは合格点、ボーアやマルテ、ガルシア、ガンケル、エドワーズは大不満! 120試合制の今季で70試合を消化した阪神の外国人選手の査定は明暗クッキリです。問題は来季に向けた外国人選手の処遇ですね。今季、コロナ禍の特別ルールで導入された外国人選手の枠(1軍登録5人、ベンチ入りは4人)は来季も継続の方向です。外国人選手の質量は来季も戦力編成上、大きな比重を占めます。誰を残して誰を斬るか…。球団首脳や矢野燿大監督(51)は残り50試合で“不満組”の伸びしろを慎重に見極めなければなりません。そして、ボーアらは生き残りを賭けた後半戦となりますね。

【続きを読む】

  • 安定した投球で守護神を務める阪神・スアレス