2020.9.13 20:59

中日・平田が今季2号ソロでヒーロー「当たった瞬間、入ると思った」

中日・平田が今季2号ソロでヒーロー「当たった瞬間、入ると思った」

声援に応える中日・平田=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)

声援に応える中日・平田=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)【拡大】

 (セ・リーグ、中日3-2DeNA、15回戦、中日7勝8敗、13日、横浜)

 中日・平田良介外野手(32)が四回に左翼越えのソロ本塁打を放ち、勝利に貢献した。

 「反応して打てたな、という感じ。当たった瞬間、入ると思いました」

 2-1の三回1死だ。相手先発・大貫が高めに投じた初球のカーブを完璧にとらえた。一塁への歩みが物語る、スタンドインへの確信。余韻に浸るようにダイヤモンドをゆっくりと一周した。

 7月11日の広島戦(ナゴヤドーム)以来となる今季第2号で勝利を手繰り寄せ、チームは2018年7月9-11日以来、2年ぶりとなる敵地・横浜でのカード勝ち越し。3位のDeNAには2・5ゲーム差に迫った。まずはAクラス返り咲きへ、背番号6は「1試合1試合、負けられない試合が続く。最後まで勝つ気持ちを持ってプレーしていきたい」と先を見すえた。

試合結果へプロ野球日程へ

  • 3回左本塁打を放つ中日・平田=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)