2020.9.11 05:00

明石商コンビがプロ志望届提出 中森「小さい頃からの夢」

明石商コンビがプロ志望届提出 中森「小さい頃からの夢」

プロ志望届を提出した中森(右)と来田 (撮影・宮本圭一郎)

プロ志望届を提出した中森(右)と来田 (撮影・宮本圭一郎)【拡大】

 今秋ドラフト候補の明石商・中森俊介投手と来田涼斗外野手(ともに3年)が10日、プロ志望届を提出。日本高野連のホームページ上でも公表された。2人は同日、明石市の同校グラウンドで取材に応じた。

 最速151キロ右腕で1位候補と評判の中森は、憧れの巨人・菅野のような信頼度抜群のエースになることを誓った。「プロ野球選手になるのが小さい頃からの夢だった。大学と迷っていたが、チャンスがあれば挑戦したかった。菅野選手のように圧倒的な実力でみんなから信頼されるピッチャーになりたい」。

 僚友・来田とは別チームでの対戦を熱望し「外のチェンジアップで(結果は)セカンドゴロ」と笑った。11日には、さっそくオリックスが訪問。12球団の明石詣でがスタートする。(宮本圭一郎)