2020.8.17 05:02

近大・佐藤の2安打1盗塁に阪神・平田2軍監督絶賛!「いいスイング」

近大・佐藤の2安打1盗塁に阪神・平田2軍監督絶賛!「いいスイング」

一回、中越え二塁打を放った佐藤。即戦力であることを証明した(代表撮影)

一回、中越え二塁打を放った佐藤。即戦力であることを証明した(代表撮影)【拡大】

 今秋のドラフト1位候補の近大・佐藤輝明内野手(4年)が16日、阪神との練習試合(鳴尾浜)に「3番・三塁」で出場。4打数2安打1盗塁と結果を残し、阪神・平田勝男2軍監督(60)が絶賛した。

 打つ。走る。佐藤が虎を相手に2安打1盗塁。能力の高さを証明した。

 「プロの球を見る機会はこういうところ(交流戦)しかないので。実力を測るという意味で楽しみにしていました。打てたので、よかったです」

 一回1死一塁では才木の初球をとらえて中堅フェンス直撃の二塁打。八回1死では牧から中前に運び、盗塁を決めた。

 9日に開幕する予定だった関西学生春季リーグ戦は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、中止。実戦が限られている中、今秋のドラフト候補としてリストアップする阪神にアピールした。

 手放しでたたえたのは平田2軍監督だ。「いいスイングをしているし足も速い。何より雰囲気を持っている。体が大きい(187センチ、92キロ)だけじゃない」。スター特有のオーラを感じていた。

 佐藤は「やれることをしっかりやって、プロというか、そういう結果につながっていけばと思います」が力を込めた。“糸井2世”といわれるスラッガー。10月26日のドラフト会議に向け、牙を研ぎ続ける。

佐藤輝明(さとう・てるあき)

 1999(平成11)年3月13日生まれ、21歳。兵庫県出身。甲東小1年で野球を始め甲陵中で軟式。仁川学院高3年夏は県初戦敗退。高校通算20発。大学1年春は左翼、2年から三塁。2年秋MVP。リーグ戦通算打率・292、11本塁打、58打点、79安打。大学日本代表。187センチ、92キロ、右投げ左打ち。