2020.8.15 11:37

ソフトB、デスパイネ&グラシアルが18日にも1軍へ

ソフトB、デスパイネ&グラシアルが18日にも1軍へ

 ソフトバンク・工藤公康監督(57)が15日、オリックス戦(ペイペイドーム)の試合前に取材に対応。アルフレド・デスパイネ外野手(34)とジュリスベル・グラシアル内野手(34)の昇格時期について、考えを明かした。

 「本人たちの感じも聞いて。コーチの人も動きを見た上で判断してもらって。もうちょっととなればファームにいってもいますし。いけるんじゃないですかという評価なら、1軍にあがる可能性もゼロではないです」

 東京五輪のアメリカ大陸予選で帰国していた2人は7月下旬に再来日。今月14日のウエスタン・広島戦(タマホーム筑後)で今季初実戦を果たした。デスパイネは無安打も、グラシアルは1安打1打点。指揮官も映像を確認したといい「感覚は悪くないという報告は受けています」と信頼を寄せた。

 来週は18日から1軍がロッテ6連戦(ZOZO)。2軍が18日からウエスタン・阪神戦(鳴尾浜)、21日から同・オリックス戦(オセアンBS)と、ともに遠征に出る。工藤監督は2人の昇格について「判断するのは日曜日(16日)の後」と明かした。首位をひた走る鷹の戦力層は、もっともっと厚くなる。