2020.8.12 14:18

ソフトバンク柳田が6・7月の月間MVPを受賞「とにかくステイホーム」

ソフトバンク柳田が6・7月の月間MVPを受賞「とにかくステイホーム」

 6、7月度の「大樹生命月間MVP賞」が12日に発表され、パ・リーグの野手部門ではソフトバンク・柳田悠岐外野手(31)が受賞した。2018年5月以来、6度目の受賞に笑顔を見せた。

 「体のコンディションがいいので。そこが一番の要因かなと思います」

 柳田は6、7月の全37試合に先発出場。打率・379、出塁率・506、長打率・742、38得点、47安打、4三塁打、92塁打のリーグ7冠。7月にはプロ野球タイ記録となる月間32得点。「一番記憶にある」と振り返るのは7月10日、有観客試合がスタートした楽天戦(ペイペイドーム)でのサヨナラ弾。28日の西武戦(同)では通算1000安打も達成した。

 現在も打率・385、14本塁打でリーグ2冠。さらなる成長、チームの優勝に向けて「とにかくステイホーム。それが一番大事です」。会見は最後まで柳田らしかった。