2020.8.10 16:31

ソフトバンク大竹が1軍合流「技術よりも気持ち」

ソフトバンク大竹が1軍合流「技術よりも気持ち」

ペイペイドームで投球動作を確認する大竹

ペイペイドームで投球動作を確認する大竹【拡大】

 ソフトバンク・大竹耕太郎投手(25)が10日、ペイペイドームで行われた投手練習に参加。今季初の1軍合流となった。

 「やってきたことを出すだけ。どれくらい通用するか。気持ちを込めて投げることを大切にしたいです。技術よりも気持ちの面が、去年までの僕には欠けていたのかなと。チームでいえば森さんのようなファイティングスピリッツを内に秘めて。念みたいなものを大切にしたいです」

 1日に長谷川が新型コロナウイルスの陽性判定を受け、ファームは活動休止。大竹は「コンビニも行けなかった。ベランダでシャドーをしたり、家の中で体幹(トレーニングを)したり」と明かした。コロナ禍を乗り越え、1軍の舞台に戻ってきた。

 ウエスタンでは7試合に登板し、防御率1・98の安定感。「結果だけ見ればいいように見えるかもしれないですけど、課題が出て、クリアしての繰り返し」と強調した。チャンスをつかまえて、再び1軍での自分の居場所を作る。