2020.8.9 05:05(1/2ページ)

DeNA・佐野、巨人待った3差弾!プロ入り後初観戦の明大・善波前監督に成長見せた

DeNA・佐野、巨人待った3差弾!プロ入り後初観戦の明大・善波前監督に成長見せた

佐野が五回に勝ち越し2ラン。チームを2位浮上に導いた(撮影・戸加里真司)

佐野が五回に勝ち越し2ラン。チームを2位浮上に導いた(撮影・戸加里真司)【拡大】

 (セ・リーグ、ヤクルト4-5DeNA、8回戦、DeNA4勝3敗1分、8日、神宮)DeNAは8日、ヤクルト8回戦(神宮)に5-4で競り勝った。新4番の佐野恵太内野手(25)が、三回に同点打、五回にはバックスクリーンを直撃する決勝の7号2ランの大活躍。明大時代の恩師、善波(よしなみ)達也前監督(57)が観戦するなか、2安打3打点でリーグトップの打率が・358に上昇した。チームは2位に再浮上し、首位・巨人に3ゲーム差まで迫った。

 DeNAの新4番が、神宮の夜空にアーチを描いた。同点の五回2死二塁、佐野がフルカウントからヤクルト先発、小川の12球目を捉えた打球は、バックスクリーンを直撃した。響き渡る衝撃音に4992人の観衆がざわついた。

 「粘りながら集中力を切らさずにいけました。ツーストライクだったので、コンパクトに三振しないようにしました」

 決勝の7号2ラン。1-2の三回には中前へ同点打を放ち、勝利へ導く2安打3打点の活躍だ。

 「神宮は大学(明大)時代にプレーしていたし、相性も悪くないので、いいイメージでやれます。雰囲気がいいですよね」

 今は敵地となった神宮。入団3年目の2019年4月4日に、シーズン1号となる代打満塁弾を放ったのも神宮のヤクルト戦で、一気に飛躍のシーズンとなった。今季も神宮では21打数10安打(打率・476)。大好きな学生時代の主戦場で今季打率もリーグトップの・358に上昇し、安打数58もトップだ。

 たくましく成長した25歳をバックネット裏から温かく見守っていた人がいた。前明大監督の善波氏が佐野のプロ入り後は初めて観戦していた。恩師によると、大学時代の佐野は1学年先輩の坂本(現阪神)の後釜となる捕手候補だったという。だが、送球難に陥り、一塁に専念。打撃に集中することで、才能が開花した。

【続きを読む】

  • 佐野は本塁打を放った後、仲間の祝福を受けた(撮影・戸加里真司)
  • 大学時代の佐野