2020.8.2 10:16

大谷翔平、今季2度目の先発で806日ぶりの勝利なるか 3日午前5時10分開始予定

大谷翔平、今季2度目の先発で806日ぶりの勝利なるか 3日午前5時10分開始予定

特集:
大谷翔平
キャッチボールするエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)

キャッチボールするエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)【拡大】

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手(26)が1日(日本時間2日)、2日(同3日午前5時10分開始予定)のアストロズ戦で今季2度目の先発に向けてオンラインで登板前日会見を行った。

 「ワンアウトも取れないで終わったということはないので、ある意味、初めてかなと思います」

 2018年10月に受けた右肘の手術から復帰登板となった3月26日(同27日)のアスレチックス戦(オークランド)では1死も取れずにメジャー自己ワーストの5失点でKOされた。1番に安打を許すと、3連続四球で押し出しによる先制点を献上。5、6番に連続適時打を浴び、プロ最短の降板劇だった。わずか30球で693日ぶりのメジャーマウンドを降板していた。

 マドン監督と話をしたという大谷は「ピッチング(に内容など)とかではなくて、全体的にもっと楽しんで、というか、試合でもっと自由にやってほしいとは言われました」と明かした。

 最後の勝利は、2018年5月20日。レイズ戦(アナハイム)で110球を投じ、7回2/3、6安打2失点と好投していた。それ以来、806日ぶりの復活白星に期待がかかる。

大谷の成績へ