2020.8.2 21:54

DeNA・平良、不運に泣き2敗目「つながりをつくらせない投球を心掛けたい」

DeNA・平良、不運に泣き2敗目「つながりをつくらせない投球を心掛けたい」

6回、逆転を許し沈むDeNA・平良らナイン=甲子園球場(撮影・宮沢宗士郎)

6回、逆転を許し沈むDeNA・平良らナイン=甲子園球場(撮影・宮沢宗士郎)【拡大】

 (セ・リーグ、阪神3-1DeNA、9回戦、4勝4敗1分、2日、甲子園)DeNAの平良は1球に泣いた。抜群の制球力で五回まで2安打、無得点に抑えていたが、六回1死二、三塁で大山に逆転の2点打を許した。それも鋭い変化のスライダーでバットの芯を外した当たりが、不運にも右前に落ちた。

 後続を断ち、七回もピンチで耐えた。安定感を裏付けるように、6回以上を投げて自責点3以下の投球を開幕から7試合に伸ばした。援護なく2敗目を喫した成長株は「(相手打線に)つながりをつくらせない投球を心掛けたい」と課題を口にした。

ラミレス監督(平良に)「毎回素晴らしい投球をしてくれている。何とか彼を勝たせたかった」

試合結果へプロ野球日程へ

  • 先発のDeNA・平良=甲子園球場(撮影・中島信生)