2020.8.2 17:08

広島が9点を奪う大勝! 遠藤がプロ初完投で巨人戦の連敗をストップ 

広島が9点を奪う大勝! 遠藤がプロ初完投で巨人戦の連敗をストップ 

プロ入り初完投勝利の広島・遠藤とタッチを交わす坂倉(右)=東京ドーム(撮影・矢島康弘)

プロ入り初完投勝利の広島・遠藤とタッチを交わす坂倉(右)=東京ドーム(撮影・矢島康弘)【拡大】

 (セ・リーグ、巨人2-9広島、9回戦、巨人6勝2敗1分、2日、東京D)広島が9点を奪う大勝で巨人戦の連敗を「5」で止めた。敗れた巨人は先発・桜井が三回途中7安打5失点で降板し、役割を果たせなかった。

 広島は一回、2死一塁から鈴木誠がレフトスタンドへ11号2ランをたたき込み、先制点を挙げる。二回には無死満塁から西川の右前適時打で追加点を奪うが、巨人はその裏、大城が5号ソロを放ち、点差を縮めた。

 しかし、広島打線は止まらない。三回にも1死二、三塁の好機を作り、巨人・桜井をKOすると、代わった2番手・大江から遠藤が中前2点打。序盤に主導権を握ると、六回は長野が右前適時打、七回は西川に左中間へ4号3ランが飛び出し、計9点を奪った。巨人は九回、坂本の6号ソロで意地を見せるが、最後まで広島先発・遠藤を打ち崩すことができなかった。

 遠藤はこれがプロ初完投。9回5安打2失点の快投で巨人打線を封じ、2勝目(1敗)を挙げた。

試合結果へプロ野球日程へ