2020.8.1 20:07

オリックス、営業部門の球団職員もコロナ感染 チームは活動を続ける

オリックス、営業部門の球団職員もコロナ感染 チームは活動を続ける

 オリックスは1日、営業部門に所属する20代男性の球団職員が新型コロナウイルスの抗原検査で陽性と判定されたことを発表した。

 同職員は7月31日に体調不良を感じ、病院を受診。抗原検査を受け、陽性と判定された。同職員は京セラドームに隣接するオフィスに勤務しており、保健所から濃厚接触者と判定された職員1名とともにチーム関係者との接触はなし。現時点で発熱もなく、自宅療養を行っている。

 また、7月30日にPCR検査で陽性判定を受けたチームの管理部門に所属する40代男性職員は、管轄の保健所から濃厚接触者なしの判定を受けた。チームは活動を続けるとしている。