2020.7.31 12:15

帝京が快勝、公式戦初先発の植草7回無失点9K

帝京が快勝、公式戦初先発の植草7回無失点9K

帝京・植草翔太投手は目白研心戦に公式戦初先発(撮影・赤堀宏幸)

帝京・植草翔太投手は目白研心戦に公式戦初先発(撮影・赤堀宏幸)【拡大】

 2020年東西東京都高校野球大会の東東京大会は31日、東京・神宮球場などで行われ、大田スタジアム第1試合(3回戦)は、帝京が目白研心に7-0で七回コールド勝ちした。

 帝京は、三回に犠飛と適時三塁打で2点を先行し、五回にも2点を加え、七回に3点を奪ってコールド勝ちした。

 公式戦初先発の右腕・植草翔太投手(2年)が189センチ、84キロの長身を生かして、7回3安打無四球9三振無失点に抑えた。

 前田三夫監督は、「初めての植草はよく投げた。でも、打線がフライを上げ過ぎ。試験期間中なんだけど、もっと練習しないといけない」と戒めた。

  • 帝京・植草翔太投手は目白研心戦に公式戦初先発(撮影・赤堀宏幸)