2020.7.15 19:33

阪神・矢野監督、選手らマスク着用で試合「感染拡大を鑑み」大阪でコロナウイルスに61人感染

阪神・矢野監督、選手らマスク着用で試合「感染拡大を鑑み」大阪でコロナウイルスに61人感染

2回、リクエストする阪神・矢野監督(左)。右は井上打撃コーチ=甲子園球場(撮影・門井聡)

2回、リクエストする阪神・矢野監督(左)。右は井上打撃コーチ=甲子園球場(撮影・門井聡)【拡大】

 阪神は15日のヤクルト戦(甲子園)から矢野監督、コーチ陣、出場していない選手がベンチ内でマスクを着用して試合を行った。全国的に新型コロナウイルスの感染者が増加。日本野球機構(NPB)が作成した試合開催のガイドラインでは義務付けられてはいないが、球団広報は「昨今の新型コロナウイルスの感染拡大状況を鑑み、チームとして推奨しています」と説明した。

 大阪府は15日、小学生から80代までの男女61人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。1日に発表された人数としては、緊急事態宣言の解除後で最も多い。

試合結果へプロ野球日程へ