2020.7.14 05:02

阪神・伊藤和&馬場、勝利の方程式入りあるぞ!信頼高まるW右腕に将期待

阪神・伊藤和&馬場、勝利の方程式入りあるぞ!信頼高まるW右腕に将期待

ここまで好投を見せている伊藤和。矢野チルドレンが新・方程式の候補だ

ここまで好投を見せている伊藤和。矢野チルドレンが新・方程式の候補だ【拡大】

 いでよ、ニュースター! 阪神・矢野燿大監督(51)が13日、新・勝利の方程式の構想を語った。藤川球児投手(39)の抜けた守護神も含めて現状は定まっていないが、伊藤和雄投手(30)、馬場皐輔投手(25)らを候補に挙げた。新星の台頭が、矢野虎の窮地を救う!!

 ピンチをチャンスに変えるしかない。そうできる要素が、指揮官の頭の中にはある。借金を4まで減らし、14日にも最下位脱出が見えてきた矢野監督が、新戦力の「勝利の方程式」抜てきを示唆した。

 「(伊藤)和雄とか、馬場とか入れていきながら(岩崎)優はもちろんいるし、そういうメンバーをどう使っていこうかなというところ」

 守護神の藤川が右肩不調で離脱し、再構築を余儀なくされた勝ちパターンの継投。そこに、まだ1軍で実績の少ない2人の名前を挙げた。

 伊藤和は矢野監督が2018年の2軍監督時代に抑えを任せた男。同年ウエスタン36試合で1勝2敗20セーブ、防御率1・26でリーグ制覇、ファーム日本一に貢献した。「気持ちも座ってるっていうか、あまり表面的に動揺したりそんな風に出ないピッチャー」。6月27日のDeNA戦(横浜)で八回を1回無安打に抑えてプロ初勝利を挙げたばかり。昨季は腰椎手術でシーズンを棒に振ったが、9年目の覚醒の予感を感じとっている。

 馬場も同年の2軍監督時代にドラ1で入団してきた秘蔵っ子。今季ここまで4試合登板ですべて無失点と安定したピッチングを見せており「馬場の生きの良さっていうか、目の前のバッターを打ち取るっていうね。2年間悔しい思いをした分、そういう思いは出ている」。日増しに信頼感は高まっている。

 前日12日のDeNA戦(甲子園)ではスアレスが虎初セーブを挙げたが「ちょっとまだ確定とまではいかないけど、その時の状況に応じて」と固定していないことも明かした。しばらくは左腕・岩崎とダブル守護神で臨むことになりそうだ。そこにつなげる『七回の男』を、まずは2人に任せる可能性が高い。

 昨季も島本、守屋と“矢野チルドレン”の台頭がチームを支えて3位に食い込んだ。今季もチルドレンの活躍が、鍵を握る。(大石豊佳)

プロ野球日程へ

  • ここまで好投を見せている馬場。矢野チルドレンが新・方程式の候補だ
  • 阪神、中継ぎ陣の成績(13日時点で1軍登録されている投手)