2020.7.8 05:01

広島新守護神に菊池保 スコット代役に抜てき

広島新守護神に菊池保 スコット代役に抜てき

守護神を託されることになった菊池保

守護神を託されることになった菊池保【拡大】

 広島・菊池保則投手(30)が新守護神に抜てきされることが7日、決まった。DeNA戦が雨天中止となったこの日、佐々岡真司監督(52)が「制球が乱れることがない。(中継ぎで)一番安定している」と信頼を込めて明かした。

 昨年、楽天からトレード加入。プロ13年目の今季は、ここまで勝ちパターンの一員として4試合に登板し2ホールド、防御率2・25をマークしている。開幕から抑えを任された新助っ人のスコットが5試合で2度サヨナラ負けを喫し、3日に登録抹消となったことで、通算0セーブの右腕に、白羽の矢が立った。

 マツダスタジアムに隣接する室内練習場で調整した菊池保は「(抑えの経験は)楽天の2軍時代にあるが、1軍は違う。(ただ)やることは変わらない。ベンチにゼロで戻ってくるだけ」と静かに意気込んだ。開幕から1度も勝ちパターンが機能していない中、涼介ではない「キクチ」が、4連敗中の赤ヘルの救世主となる。(柏村翔)

菊池 保則(きくち・やすのり)

 1989年(平成元)年9月18日、茨城県久慈郡生まれ、30歳。常磐大高から2008年高校生ドラフト4巡目で楽天入団。18年オフに福井とのトレードで広島へ。通算131試合に登板し、13勝18敗、防御率3・95。180センチ、103キロ。右投げ左打ち。今季年俸2900万円。背番号39。

プロ野球日程へ