2020.7.7 10:00(1/3ページ)

【と・らたん!】妖怪「モリビエ」がG倒パワー与える!? 放送翌日トラ連敗退散

【と・らたん!】

妖怪「モリビエ」がG倒パワー与える!? 放送翌日トラ連敗退散

阪神にV字回復をもたらした? とされる森アナ筆の「モリビエ」

阪神にV字回復をもたらした? とされる森アナ筆の「モリビエ」【拡大】

 江戸のかたきは西宮で討て! 読売テレビの朝の情報番組「朝生ワイド す・またん!」の顔、森たけしフリーアナウンサー(60)が阪神をゆるく語るコラム「と・らたん!」。第2回は、甲子園開幕となる7日の巨人戦に向けて、エールを送った。願わくば同一カード3連勝! 妖怪「モリビエ」が、虎にパワーを与えてくれるはず!?

 阪神ファンの皆さま、お元気ですか? いきなり5カード14試合のロードはキツかったですね。「死のロード」どころか「地球滅亡のロード」みたいでした。

 前回のコラムでは開幕戦で西勇さんが完封! 3-0で巨人に勝つと予祝しました。西勇さんは、せこい(?)遊ゴロで1点は取られましたが、なんと菅野さんから自ら本塁打、適時打を放って2-1! 6回97球で岩崎さんと交代。ところが、岩崎さんが吉川尚選手に技ありのツーランを打たれてしまって、逆転負けという悲しい結果になったのです。

 江夏さん以来の「野球は一人でも勝てる!」という言葉の復活を期待していただけに、せめて同点か逆転されるまで投げさせてほしかった。その開幕戦からチームは12試合で2勝しかできず、正直、1987年のシーズンみたいになるのでは? とビビりまくっていました。ちなみにその年は41勝83敗6分で借金42。われわれも「ズームイン!!朝!」で「なんぎやなぁ」と嘆くしかできませんでした。ま、おかげで流行語大賞銀賞をもらえましたけど。もし、借金苦ん(注1)システムが導入されていたら、私の腰は砕けていたことでしょう。

【続きを読む】

  • 森アナも甲子園に戻ってきた阪神を全力応援。三・三・七拍子でいくでぇ~!
  • 4日には近本(左)らが大瀬良(右)を攻略
  • 5日にはボーアの満塁弾などで連勝!