2020.7.6 12:51

セ防御率トップのDeNA・平良、好投に戸柱あり

セ防御率トップのDeNA・平良、好投に戸柱あり

戸柱とタッチを交わすDeNA・平良

戸柱とタッチを交わすDeNA・平良【拡大】

 DeNA・平良拳太郎投手が6日のヤクルト戦(神宮)で自己最長の7回を投げ、3安打無失点の好投で今季2勝目を挙げた。

 試合後にラミレス監督は「アンビリーバブルの一言。投げるたびによくなっている」と絶賛するいっぽうで、バッテリーを組んだ戸柱について「戸柱とのコンビネーションがいい。平良のいいものを引き出して、いい配球になっている」と存在の大きさを強調した。

 平良は5勝6敗だった昨年は14試合に先発し、バッテリーを組んだのは伊藤光と嶺井の7試合ずつだった。今季はここまでの3試合すべてで戸柱と組み、計19回を2失点の内容でリーグトップの防御率0・95となっている。平良はヤクルト戦後に「戸柱さんのリードでうまく投げられました」と感謝していた。