2020.7.2 14:24

プロ初先発のD1位・西純は4回2/31失点

プロ初先発のD1位・西純は4回2/31失点

特集:
2020新人情報

 (ウエスタン・リーグ、広島-阪神、2日、由宇)

 阪神のドラフト1位・西純矢投手(18)=創志学園高=が2日、ウエスタン・リーグ、広島戦(由宇)でプロ初先発し、4回2/3を投げ1安打1失点だった。

 一回、先頭の大盛を低め直球で遊ゴロに仕留めると、この回打者3人できっちり抑え、上々の立ち上がり。三回は先頭の羽月を低め変化球で空振りに仕留め、この日初めて三振を奪った。三回まで一人の走者も許さないパーフェクト投球だった。

 四回、2死から宇草に二塁打を浴び、この日初の安打を許す。暴投で2死三塁とするも、4番・林は内角直球で見逃し三振に斬った。

 しかし1-0で迎えた五回、突如制球が乱れ、無死一、二塁のピンチ。暴投で二、三塁とし、羽月の左犠飛で同点。2死とし、代打・小窪に四球を与え、無念の途中交代となった。プロ初の先発は4回2/3を投げ1安打1失点3四死球。潜在能力の高さをみせながらも課題の残る内容となった。