2020.7.2 12:56

阪神D2位の井上が公式戦プロ初本塁打!

阪神D2位の井上が公式戦プロ初本塁打!

特集:
井上広大
2020新人情報

 (ウエスタン・リーグ、広島-阪神、2回戦、2日、由宇)「4番・右翼」で先発出場したドラフト2位・井上広大外野手(18)=履正社高=が、二回の第1打席に公式戦プロ初本塁打となる先制のソロを放った。

 広島の先発は3年目の右腕・山口。カウント1-0からの2球目だった。外角高めの直球を振り抜くと、打球は右翼スタンド中段へ消えた。この試合は同期のドラフト1位・西純矢投手(18)=創志学園高=がプロ初先発し、一回を三者凡退に抑えていた。盟友の好投に、若き主砲が花を添えた。