2020.7.2 23:04

中日・ビシエド、4番の働きで岡野のプロ初勝利援護 先制の3号3ラン「自分のスイングができた」

中日・ビシエド、4番の働きで岡野のプロ初勝利援護 先制の3号3ラン「自分のスイングができた」

1回、本塁打を放つ中日・ビシエド=ナゴヤドーム(撮影・宮沢宗士郎)

1回、本塁打を放つ中日・ビシエド=ナゴヤドーム(撮影・宮沢宗士郎)【拡大】

 (セ・リーグ、中日4-2阪神、3回戦、中日3勝、2日、ナゴヤD)ビシエドが4番の働きで岡野のプロ初勝利を援護した。一回のピンチを切り抜けた直後の攻撃で先制の3号3ラン。強振しなくても左翼席に届き「ちょっとバランスを崩したが、自分のスイングができた。(ポイントが)少し前だったが芯で捉えられた」と涼しい顔でダイヤモンドを回った。

 2018年は中日でともにプレーしたガルシアからの一発に「いい投手なので失投を打ち損じないように心掛けた」と謙虚に語った。

試合結果へプロ野球日程へ