2020.7.1 05:03(1/2ページ)

阪神・矢野監督、大誤算2勝8敗「ちょっと苦しい」 開幕10戦ワーストタイ

阪神・矢野監督、大誤算2勝8敗「ちょっと苦しい」 開幕10戦ワーストタイ

八回、投手交代を告げる矢野監督の表情は冴えない(撮影・松永渉平)

八回、投手交代を告げる矢野監督の表情は冴えない(撮影・松永渉平)【拡大】

 (セ・リーグ、中日5-0阪神、1回戦、中日1勝、30日、ナゴヤD)どこまで極貧やねん! 阪神は中日に5安打零封負け。開幕10試合を2勝8敗とし、1991年以来、球団ワースト記録となった。1試合平均1・9得点では、勝てるはずがない。首位・巨人とは早くも5・5ゲーム差。矢野燿大監督(51)の嘆き節は止まらないが、もうええ加減、どうにかしてくれ!

 ホームが遠いどころか、三塁も踏めなかった。好機を作っても一瞬で終わる。虎ベンチの声は回を追うごとに消えていった。1試合平均1・9得点で勝てるわけがない。打つ手もなくなった矢野監督は意気消沈していた。八方ふさがりの状況に追い込まれた。

 「う~ん、これだけみんな悪いとね。本当にちょっと、苦しい状況ではある。何とか変えたいんだけど、なかなか突破口がみえないんで」

 最大の勝負手は1点を追う七回2死一、二塁だった。好投していた青柳に代打・大山を選択。ベンチでは経験豊富な福留や、柳と昨季8打数5安打の高山もいたが、「(福留と高山には)絶対に左(投手)がくる」と相手の動きを見込んだ。しかし、大山は三ゴロ。助っ人陣も不発だった。四回1死一、二塁ではサンズが三ゴロ併殺。八回1死一塁で糸井も二ゴロ併殺。今季最多の3併殺を頼みの綱が演出し、2度目の零封負けだ。

【続きを読む】

  • 七回、大山は三ゴロ。代打の切り札だったが…(撮影・宮沢宗士郎)