2020.7.1 05:00(1/3ページ)

ヤクルト・奥川、雨中の154キロ 2戦連続パーフェク投、外野への打球ゼロ

ヤクルト・奥川、雨中の154キロ 2戦連続パーフェク投、外野への打球ゼロ

雨が降りしきる中で奥川が好投。再び自己最速タイの154キロをマークした(球団提供)

雨が降りしきる中で奥川が好投。再び自己最速タイの154キロをマークした(球団提供)【拡大】

 ヤクルトのドラフト1位・奥川恭伸投手(19)=星稜高=が30日、イースタン・リーグ、ロッテ戦(戸田)に先発。2度目の実戦登板も、1回を3人で完全に抑えた。三振は1つ奪い、直球は自己最速タイの154キロを計測。雨で約10分間の中断を挟むなど悪条件だったが、前回登板した20日の西武戦に続き、外野への打球もない圧巻の投球だった。

 雨を切り裂く快速球を投じた。奥川が2度目の実戦登板も1回をパーフェクト。星稜高のエースとして昨夏の甲子園で準Vに導いた右腕が、圧巻の投球を披露した。

 「知っている打者(藤原)なので、多少やりづらさはありましたし、意識はしましたけど、自分のフォームでいい球を投げることを意識して投げました」

 ぶ厚い雲が空を覆った埼玉・戸田球場で、甲子園のスター対決が実現した。

 先頭打者は藤原。大阪桐蔭高3年時の2018年に春夏連覇を果たした昨年のドラフト1位で、高校日本代表では、ともに世界と戦った先輩だ。当時2年生でただ一人メンバー入りしていた右腕は、148キロの直球で追い込むと、145キロのフォークボールで二ゴロに仕留めた。

 続く平沢は、仙台育英高の主軸として15年夏に準優勝。16年のD1位への5球目(ボール)には、前回20日の登板でもマークした自己最速タイの154キロを計測した。

【続きを読む】

  • 奥川は平沢(手前)を三振に斬るなど、1回無安打。2試合でまだ外野に打球を飛ばされていない(球団提供)