2020.6.30 05:03(1/2ページ)

阪神よ、獰猛な虎になれ!川藤OB会長が最下位に沈むチームにハッパ

阪神よ、獰猛な虎になれ!川藤OB会長が最下位に沈むチームにハッパ

川藤阪神OB会長は「獰猛な虎になれ!」とハッパをかけた

川藤阪神OB会長は「獰猛な虎になれ!」とハッパをかけた【拡大】

 獰猛(どうもう)な虎になれ! 阪神の川藤幸三OB会長(70)が29日、開幕から2勝7敗で最下位に沈む矢野虎に猛ハッパをかけた。打てない、守れない現状を「考える虎」と表現。結果を気にせずに思い切りスイングせんか! と新助っ人のジャスティン・ボーア内野手(32)には、初球からどんどんバットを振っていくように求めた。(取材・構成=三木建次)

 開幕直前の練習試合(5勝3敗3分け)で、投打とも内容のある戦いをしていたので「今年はかなりやるんちゃうか」と期待していたんや。ゲートが開いた瞬間、こうなるとは正直、思っていなかった。春季キャンプ、練習試合のときの「元気な虎」は、どこに行ったという感じやな。

 ボーアも練習試合で3試合連続ホームランを打ったときは「本領発揮やな」と思っていたが、シーズンに入ったら別人や。原因は技術よりも気持ちの問題。もっと初球からバットをどんどん振っていかなアカン。

 象徴的だったのは20日の巨人戦。七回2死満塁で左腕・高木の外角直球にバットがピクリとも動かず、1ボールから3球連続で見逃して三振した。空振り三振でもええ。バットを振らないと何も起こらん。“お見合い”とは違うで。打席に立って、相手投手を見ているだけではなく、獰猛(どうもう)な虎になって襲い掛かっていかんと。勝負の世界なんやから。

 日本の投手のデータや情報を、頭に入れすぎているんと違うか? 同じ新外国人でも、DeNAのオースティンは初球からガンガン振っている。ボーアは結果を気にしすぎるあまり「考える虎」になってしまっている。

【続きを読む】

  • バット振らんと怖さも出ないゾ!川藤阪神OB会長は「振れ」とボーアの背中を押した