2020.6.30 10:00

【梅ちゃん先生】日本人気質の努力で「確実にフェーズは変わりつつある!」

【梅ちゃん先生】

日本人気質の努力で「確実にフェーズは変わりつつある!」

無観客で開幕したプロ野球。梅田氏は12球団それぞれの楽しませ方の工夫に、そして阪神ナインの奮起に期待している

無観客で開幕したプロ野球。梅田氏は12球団それぞれの楽しませ方の工夫に、そして阪神ナインの奮起に期待している【拡大】

 サンスポの直撃インタビュアーとしてもおなじみで、追手門学院大学客員教授のフリーアナウンサー、梅田淳氏(59)のコラム「梅ちゃん先生」(月1回予定)。今回は、新型コロナウイルスの苦境から「確実にフェーズは変わりつつある!」とし、日本の新たなスタートへ思いを語った。

 今回の出稿にあたり、過去のコラムを読み返してみた。するとコロナの文字が初めて登場してから今回が5回目。こんなに長く…いや、まだまだ続くコロナだろうが…しかしこの得体の知れない敵からの挑戦状を受け止め闘いを挑んでいる中、勤勉で真面目な日本人気質の努力で「確実にフェーズは変わりつつある!」。

 ニューノーマルな習慣を心得て“ウィズコロナ”を合言葉に、力強く生きて行く方向に舵を切り始めている! 私も6月14日に届いた「安倍のマスク」(遅すぎるわ!)に歯ぎしりし、10万円の給付金を待ちながら(遅い!)カンテレの「おしゃべりスタジアム」が再開! そして19日には、待望の2020年プロ野球開幕! 日本の次なるスタートはいよいよここからだと思う。

 開幕直前、阪神矢野監督から「こんな状況でも野球が出来る事に感謝し選手と共に思い切り楽しんで来ます!」というメールが届いた。嬉しかったし本当に頑張ってほしいし、しばらく球場に行けない我々を楽しませてほしい! It’s勝笑Time! の精神で最後は我々を喜びの笑顔にしてほしい…(開幕3連戦の話は敢えて触れませんが…7月7日から本拠地甲子園での開幕、対巨人戦で矢野阪神が3連勝する夢を見た事をお伝えしておきます~!)。

 さてさて、やむを得ず無観客での開幕ではあるが、何とか球場の興奮をファンに届けようと努力する12球団それぞれの工夫は、新しい観戦のスタイルになるかもしれない。そして7月4日にJ1が再開するJリーグがどんな秘策を見せてくれるのかも楽しみだ。

 この数カ月、日本中が知恵を絞って国難に立ち向かいながら生まれた数々のアイデアや新常識は多少のギクシャクしたスタンスを求めはしたものの、「平和ボケ」と揶揄される日本人に危機感をもたらし、じっくり考える時間を与えたと思う。

 ちなみに先日届いた「スパコン富岳が計算速度世界ナンバー1を獲得!」のニュースは新たな日本人の誇りだ。私も優秀な人材を我が追手門から世に送り出すべく微力ながら尽力して行きたいと改めて誓った!

 2020年、間もなく7月、何か元気と希望も湧いてきた! 国民が頑張ったからやっとここまで来た。だから思わず呟く独り言…残念ながらこの国には信頼を裏切らない優秀な政治家が余りにも少ないのが問題だ…。

◆梅田 淳(うめだ・じゅん)

 1961(昭和36)年1月10日、岐阜市生まれ、59歳。日大芸術学部を卒業後、83年に関西テレビ入社。ハイテンションのアナウンサーとして人気に。2003年には阪神優勝の実況を務めた。04年3月末に関西テレビを退社。現在はカンテレ報道ランナーの「おしゃべりスタジアム」のコーナーなどバラエティー番組や、スポーツリポーターなどで活躍。