2020.6.28 05:38

ヤクルト・青木、代打で逆転の2点二塁打 前夜は逆転負けも「前向きにやれたのが大きい」

ヤクルト・青木、代打で逆転の2点二塁打 前夜は逆転負けも「前向きにやれたのが大きい」

六回、青木が代打で逆転の2点二塁打。初球を仕留めた(撮影・福島範和)

六回、青木が代打で逆転の2点二塁打。初球を仕留めた(撮影・福島範和)【拡大】

 (セ・リーグ、ヤクルト9-6巨人、2回戦、1勝1敗、27日、神宮)大きく目を見開き、一振りで仕留めた。3-4の六回1死満塁。ヤクルト・青木宣親外野手(38)が代打で登場。宮国の初球、外角低めのシュートを捉え、左中間へ2点二塁打を放った。

 「狙ったボールは初球からいけるようにと思っていた。集中力を持って打席に立てたと思う」

 普段、3番に座る主将は今季初めて先発メンバーから外れた。「いけます。元気です」と出場を志願したが、高津監督から「元気なうちに休んでおくか」と言われ、試合中は仲間を鼓舞。「無観客なので投手にも声が届く」と、攻撃時だけでなく守備の際も声を張り上げた。

 前夜(26日)の逆転負けを引きずらない勝利。「きのう逆転負けした中、きょうは前向きにやれたのが大きい」と胸を張った。(長崎右)

試合結果へプロ野球日程へ