2020.6.28 05:03(1/2ページ)

ヤクルト・山田哲がトドメの満塁弾 六回一挙7点でG倒

ヤクルト・山田哲がトドメの満塁弾 六回一挙7点でG倒

特集:
山田哲人
山田哲が六回にグランドスラム。右拳を控えめに握ったが、表情は喜びを隠しきれなかった(撮影・福島範和)

山田哲が六回にグランドスラム。右拳を控えめに握ったが、表情は喜びを隠しきれなかった(撮影・福島範和)【拡大】

 ヤクルト・山田哲人内野手(27)が27日、巨人2回戦(神宮)の六回、試合を決定づける4号満塁本塁打を放ち、9-6の逆転勝ちに貢献した。通算7本目の満塁弾は球団歴代2位タイで、今季初の1試合3安打をマーク。村上や青木ら主力が活躍し、チームは勝率を5割に戻した。

 神宮球場に響いた音で確信した。5-4の六回1死満塁。山田哲は完璧な当たりにゆっくりと歩みを進めた。左腕・藤岡の速球を左翼席へ。控えめにガッツポーズをつくった。

 「追い込まれていましたが、強い打球を打つことを心掛けました。最高の形になってくれてよかったです」

 神宮劇場の幕開けは2-4で迎えた六回だ。逆転された直後の攻撃。先頭の村上にソロが飛び出すと、代打・青木の2点二塁打で逆転。攻撃の手を緩めずに全ての塁を埋め、山田哲が試合を決定づけるアーチをかっ飛ばした。通算7本目の満塁弾。球団では池山隆寛(現ヤクルト2軍監督)の10本に次ぐ歴代2位タイとなった。

 一回に左翼線適時二塁打、二回にも左前打しており、今季初の1試合3安打。5打点を稼いだ。例年、気温が低い春先を苦手とするが、温暖な6月19日開幕の今季はジンクスと無縁。8試合で打率・281、4本塁打、11打点、2盗塁。143試合から120試合に減るが、4度目のトリプルスリー(同一シーズン打率3割、30本塁打、30盗塁)へ突き進んでいる。

【続きを読む】

  • 控えめなガッツポーズだった山田哲とは対照的に、高津監督(右から2人目)は右手を突き上げた
  • 6回、満塁本塁打を放つヤクルト・山田哲=神宮球場(撮影・中井誠)
  • 6回、本塁打を放つ、ヤクルト・村上=神宮球場(撮影・中井誠)
  • 6回、逆転の2点適時二塁打を放つヤクルト・青木=神宮球場(撮影・中井誠)
  • 池山隆寛